INTERIOR DESIGN / インテリアデザイン

確かなクオリティが、自然に馴染む操作が、ドライビングの歓びを高める。
開口部が大きくて使いやすく、大容量。 ラゲージスペース

ハイブリッドバッテリーの配置を工夫することで、
ラゲージスペースへの影響を最小限に抑えました。
大容量440L(VDA法)のスペースを確保しています。

ラゲージスペースに収まりきらない物も。 トランクスルー機能

後席右側を前倒しすることで、
ラゲージスペースとつながるトランクスルーを実現。
長尺物を載せることができます。

助手席や後席の方も快適に過ごせる配慮があります。 左右独立温度コントロールフルオートエアコン

運転席、助手席それぞれに温度設定が可能で、エンジンの停止・始動にかかわらず快適な空調を実現するオートエアコンです。
後席にはセンターコンソール後部にエアコンの吹き出し口を設定。クリーンエアフィルター(花粉除去タイプ)も装備しています。

SAFETY / 安全装備

カムリは、JNCAP*1予防安全性能アセスメント*2において、最高ランクの「ASV+」を獲得しました。*3
*1
自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人
自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*2
JNCAPにおいて2014年度より新たに導入されたアセスメント。衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティシステム>と、車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>を合わせて車両の予防安全性を「ASV+」と「ASV」の2段階で評価。
*3
プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート装着車
Advanced safety 危険を察知する先進技術が、運転の緊張をゆとりへと変える。
  • 「実安全の追求」に基づく、追突の回避を支援するシステム プリクラッシュセーフティシステム

    進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。

    本システムは自車速度15km/hおよび相対速度10km/h以上で作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。数値は社内測定値。

  • 車線変更時の後方確認をアシスト ブラインドスポットモニター

    隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。

    解説動画を見る
    検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
    天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
    ブラインドスポットモニター(BSM)は、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
  • 車線逸脱の危険をドライバーにお知らせ レーンディパーチャーアラート

    道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示により注意を喚起します。

    解説動画を見る
    本システムは幅約3m以上の車線を自車速度50km/h以上で走行時に作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
    レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
その他の安全装備はこちら

プリクラッシュセーフティシステム・レーダークルーズコントロール・レーンディパーチャーアラート・オートマチックハイビームはセットでメーカーオプション(”Gパッケージ”は自動防眩ミラーがセットとなります)